試乗車 Nissan X-TRAIL 雑感+色選び

試乗車 Nissan X-TRAIL 雑感+色選び
Page content

エレキは前提

エレキが駆動を助けている車の、燃費の良さだけでなく反応の良さや快適性が私は好きだ。自分の過去のTweetを「レンタカー」で検索してみると、様々なハイブリッド車を選り好みして乗ってきたことが分かる。余談だが、2010年に登場した電気自動車の初代LEAFには2011年7月に1泊2日旅行のレンタカーとして乗ったのが初めて。福岡市内で電欠しそうになり焦ったのは良い思い出だ。

ここ半年の間では新たに、Nissan SERENA (e-Power)Tesla Model 3 Long Range AWDBMW iXNissan ARIYA B6 (2WD)Volvo XC40 B4 AWDを運転する機会があった (Nissan SAKURAは試乗に同乗)。これら各車の仕様と乗り味を相対比較することで、理想と現実の落とし所がいよいよ明確になってくる。「次」の車の駆動系に関しては、AWD (四輪駆動) で、充電環境に関する懸念からBEV (100%電気自動車) とまでは行かず、電気である程度の自走が可能なものを選択の条件としたい。その上で、我が家の後席勢の志向もあって、車内空間に関してはいわゆるスポーティーと言われるものよりは、明るい雰囲気を作り出す仕立てのものが希望だ。

新たな伏兵

Volvo XC40 B4 AWDに、「クラッシュテストでの問題点は流石になさそうであるし、白い内装とパノラマルーフが選択可能だし」という見立てにて試乗した数日後。

日産からT33型X-TRAIL (エクストレイル) が発表された。メカ的要素の面では、VCターボによるe-POWERに加えてe-4ORCEという、私の選択条件に叶う目新しい技術が盛り合わせになっている。希望のサイズより車体は気持ち一回り大きいのだけども、内装も良い出来という評判を聞くにつれ気になってきた。この車は一度試さねばなるまい。

Day-1-a: X-TRAILに家族で試乗して決定

項目内容
車種Nissan X-TRAIL (T33型) G e-4ORCE [カスピアンブルー(M)/スーパーブラック]
試乗コース市街地と標高200mほどのエリアへの上り下り (35分程度, おそらく10km弱)
主な比較対象車レトロセダン (TA-JCG10), Volvo XC40 B4 AWD (2022-07-17に試乗)

結論から言うと……、理詰めだけではなく直感的にも気に入ってしまった。

試乗車はグレード「G e-4ORCE」・ボディカラー「カスピアンブルー(M)/スーパーブラック」・内装「TailorFit/ブラック」だったのだが、その場でカタログや色見本を見て検討し、取り急ぎ同グレード「G e-4ORCE」の、「サンライズオレンジ(RPM)/スーパーブラック」・「ナッパレザー/タン」・「パノラミックガラスルーフ付き」でのオーダーを行った (※社用車として選択)。

新型エクストレイルの受注数は下記の公式ニュースのとおり大変多く、2022年8月11日に注文した今回の仕様での登録はなんと「2023年3月」になる見込みである。

運転者の感想

  • 駆動輪が前輪だけではない感じが時折ある気がする (後輪が押してくれる感覚が好きなので)
  • 車体の動きや操舵に違和感がない
  • Model 3のような異様な力ではないが、楽しめるほどの加速力は備わっている
  • わざと荒っぽく加減速しなければ、ほとんど平行移動しているみたいな乗り心地が味わえる
  • エンジンを黒子にしちゃう稼働制御。内燃機関を載せた車の範疇ではこの静粛性はなかなかでは (超高級車のレベルはわかりません)
  • 車体は大きいのだけども、慣れたら私にも滞りなく運転できるであろう
  • 総括として、XC40 B4とは世代が違う「新しい」乗り物だと直感←これが決定打

家族の感想

  • 加速で本気出すと飛行機のようだ
  • ライトが分かれているのでさえなければ、顔は問題なし
  • 今まで乗ったハイブリッド車にあった音 (「ほぉーん」というモーター音) があんまりしない
  • 車内は広くて静か。XC40との違いはわからない
  • 窓を開けてやっと外のセミの音が聴こえる感じ
  • 全体的にけっこうでかいな
  • 室内高がレトロセダンよりはある

Day-1-b: サンライズオレンジ(RPM)/スーパーブラック の実車を確認

オーダー後、オレンジ色 (サンライズオレンジ(RPM)/スーパーブラック) の車が展示されている別のディーラーへ移動し、このボディカラーは実際どんな雰囲気なのかを確認した。

サンライズオレンジは、太陽光の下では抜群に鮮やかだが陰に入ると茶色にも近いように見える。私はその明暗の度合いが気に入ったのだが、家族は赤色のほうも気になると言う。そこで赤色の車も見に行くことに。

Day-2: レトロセダンにトラブル発生

ところが次の日、赤色 (カーディナルレッド(CPM)) の車が展示されているディーラーへレトロセダンで移動していた途中、トラブルが発生。エンジンルームからゴトゴトと何かを叩くような音がして、停車してもエンジンが回っている間は音が消えない。これは何らかの故障で走らせてはまずい状態だと判断し路上で車を止めた。エンジンルームの中を覗いたけども見かけの異常は分からず。

こんな大きなトラブルは8年間乗っていて初めて。新しい車の話題が聞こえてきて、レトロセダンが拗ねてしまったのかもしれない。積載車で運んでもらい、お盆明けに行きつけのディーラーへ運び込む予定。

Day-3: カーディナルレッド(CPM) の実車を確認

そして別の日。赤色 (カーディナルレッド(CPM)) の車が展示される予定のディーラーへ行き、実際どんな雰囲気なのかを確認した。

カーディナルレッドもサンライズオレンジと同じく、明るいところでは鮮やかで陰に入ると意外に暗い赤茶色に見える。私も家族もこの色が一番気に入ったので、オーダー内容を「サンライズオレンジ(RPM)/スーパーブラック」から「カーディナルレッド(CPM)」へと変更した。