【感想】 三つ編み

【感想】 三つ編み

三つ編み 著者: レティシア コロンバニ 出版社: 早川書房 本書のタイトルの前では月並みとなってしまう表現だけれども、3つの時の流れが、それぞれの情緒
【感想】 欺す衆生

【感想】 欺す衆生

欺す衆生 著者: 月村了衛 出版社: 新潮社 福岡県弁護士会サイトの弁護士会の読書というコラムを、なにかのきっかけで、以前からチェックしている。そこで
【感想】 火星の人

【感想】 火星の人

火星の人 著者: アンディ ウィアー 出版社: 早川書房 視覚的なイメージを抱かせる表現が多いと思った。読んでいるうちにどうしても絵が、すなわち映画化さ
【感想】 三体

【感想】 三体

三体 著者: 大森 望 出版社: 早川書房 物理学の世界で、物の大きさの値を対数表現 (log10) することが多いが、いわゆるそのスケールを自在に操っている、壮大なス