路地の子

路地の子

路地の子 著者: 上原善広 出版社: 新潮社 牛を捌いて暮らす場景の描写から語られていくのだが、血肉の色や町の匂いのそれに関しては、照らし合わせられる