Crowd BankへSeleniumでアクセスし、投資額増減グラフをMackerelに描く

グラフ化は家計のため

2017/11/01の記事にて紹介しました、自作の、「プリカ等のポイント数をMackerelでグラフ化するためのPerlスクリプト point2mackerel.pl」を、今回は日本クラウド証券 (Crowd Bank, Crowd Securities Japan)に対応させました。具体的には、Crowd Bankへ投資している総資金の額を抽出できるようにしました。

あまりにもニッチで、特異な仕掛けに一層なってきたとも思うが、もし参考にしたい方・利用したい方がいましたら、次のGitHubページを参照してもらえますと幸いです。

現時点での対応カードおよびサイト

このpoint2mackerel.plが対応しているカードおよびサイトは、現在、次の通りです。

MODE文字列 カード名・サイト名 備考
doutor ドトールバリューカード (Doutor Value Card)
tullys タリーズカード (Tully’s Card) 所有カードが複数枚ある場合の動作は未確認
rakuten 楽天ポイントカード (Rakuten Point Card) 「総保有ポイント」のみ対応
saison セゾン投信 (Saison Asset Management) ファンドの「評価額合計」のみ対応
crowdbank 日本クラウド証券 (Crowd Bank, Crowd Securities Japan) 投資状況の「総資金」のみ対応

次の一手

ウェブサイトへのアクセスにSeleniumを用いるようになってから、少ないコーディング量で多様なサイトに対応できるようになり、拡張がとても面白い。

一方、各アカウントのパスワードをINIファイルに直書きしている作りに不安も感じるので、どうしたらこれを回避できるか、思案のしどころです。