Selenium使って、ファンド評価額の変動グラフをMackerelに描く

グラフ化は趣味です

2017/10/19の記事にて紹介しました、自作の、「プリカ等のポイント数をMackerelでグラフ化するためのPerlスクリプト (現時点でDoutor, Tully’s, Rakutenに対応) point2mackerel.pl」を、唐突ながら、今回はセゾン投信のファンドの評価損益合計評価額合計に対応させました。

なぜセゾン投信なのかというと、私的なプチ資産管理上の理由で、日々変動するファンド評価額のグラフを、サーバ管理・監視ツールでありながら応用が利くMackerelで、自動的に描きたいなあと思ったから。今回のポイントとしては、セゾン投信のログインページではJavaScriptの絡みを解析するのが難しかったので、headlessでウェブブラウザをそのまま駆動するSeleniumを初めて使ってみたところです。

こんな仕掛けを、もし利用したい方がいましたら、次のGitHubページを参照してもらえますと幸いです。

現時点での対応カードおよびサイト

このpoint2mackerel.plが対応しているカードおよびサイトは、現在、次の通りです。

MODE文字列 カード名・サイト名 備考
doutor ドトールバリューカード (Doutor Value Card) http://doutor.jp/
tullys タリーズカード (Tully’s Card) https://www.tullys.co.jp/cpn/tullyscard/ ※所有カードが複数枚ある場合の動作は未確認
rakuten 楽天ポイントカード (Rakuten Point Card) https://pointcard.rakuten.co.jp/ ※「総保有ポイント」のみ対応
saison セゾン投信 (Saison Asset Management) https://www.saison-am.co.jp/ ※ファンドの「評価損益合計評価額合計」のみ対応

またどこか、モニターしたい数値が載っているサイトを思いついたら、point2mackerel.plで抽出できるように対応すると思います。