自己紹介・Contact

自己紹介・Contact
Page content

大久保 正彦 (おおくぼ まさひこ; Masahiko OHKUBO) と申します。1974年生まれ。福岡長崎育ち、神戸在住。

SNSなど

作ったもの (Perl)

  1. point2mackerel: プリペイドカードなどの残高・ポイント数をMackerelに投稿するためのPerlスクリプト (GitHub)
  2. pdf4search: Google Cloud Vision OCRを用いて、画像化されたPDFをテキスト検索可能なPDFに変換するbashスクリプト (GitHub)
  3. fax2slack: FUJI XEROX複合機でのFAX受信をSlackに通知 (GitHub)
  4. nkimark_log2tsv: サーバ監視ツール『NetKids iMark』のログファイルをTSV/CSV/Excel形式に変換 (GitHub)
  5. GenEPUB.com テキストから電子書籍EPUBを生成する変換サービス (GitHub)
  6. 津田さん (@tsuda) メルマガ→ePub変換ウェブサービス (GitHub)
  7. 実用すくりぷとん xexcel | Excel形式,TSV形式,CSV形式のデータファイルをHTMLのテーブルに変換して動的にウェブ公開 (CGI)
  8. 実用すくりぷとん ubiqun | メールをフィルタリング・圧縮し,携帯電話に分割転送
  9. 実用すくりぷとん clippic | カメラ付き携帯で撮った画像をウェブ公開
  10. 実用すくりぷとん sky.pl series | 携帯端末でメールをもっと読み書き、そしてウェブも波乗りできれば

ネットに関するこぼれ話

  • 津田大介さん (@tsuda) のメールマガジン『津田大介の「メディアの現場」』を電子書籍 (EPUB) に変換するウェブサービスを、当時“フリーの技術者”というか実際無職でしたのでWebプログラマとしての名刺も兼ねて作り、2011年10月22日に公開。これは津田マガ読者を通じて話題になり、その後のメルマガ界におけるEPUB配信の第一波になった、のかもしれません。(津田さんご自身によるEPUB変換の実演動画)
  • 震度7と生活基盤の破壊を経験した、忘れられない阪神・淡路大震災。それから15年の節目となる2010年1月17日に、震災当日と翌日に撮影した写真をFlickrで公開したところ、予想以上に反響を呼びました。これらの写真を映画で使用したいという依頼もあり、私はOKと返信しました。依頼元の『Dans la cour』という2014年公開のフランス映画のどこかのシーンに登場しているのかもしれませんが、まだ映画を観ることが出来ておらず未確認です。
  • 大学の研究室の机上や自宅の冷蔵庫内の様子をウェブカメラでコマ撮りし、それを動画に変換して公開していたところ、日本の一風景としてドイツZDFの2001年頃?のテレビ番組『Webcamnights.TV – Chillin Files』に取り上げられ、ウェブカメラ動画がDVDに収録されています。(ZDFのプレスリリース)
  • 携帯電話でインターネットメールの受信が出来るようになり、携帯電話へのメール転送プログラムを作成して在学中の大学のサーバに設置。この関係で、『UNIX USER』1997年5月号に掲載のルート訪問記「第28回 学部全体の情報化にも貢献! 学生ルート奮闘記」に名前が取り上げられました。また、このプログラムの公開がきっかけとなって人生で初めて雑誌記事を執筆し、携帯電話のメールを特集した『UNIX USER』1999年6月号『Software Design』2000年2月号に掲載されました。

RemoteRoomのURL遍歴

1996年頃から、『RemoteRoom』という名の個人ウェブサイトを開いています。このサイトの引っ越し履歴は次の通りです。

  1. http://radix.h.kobe-u.ac.jp/~ohkubo/ [Internet Archive]
  2. http://rie.h.kobe-u.ac.jp/~ohkubo/ [Internet Archive]
  3. http://neweb.h.kobe-u.ac.jp/~ohkubo/ [Internet Archive]
  4. http://mah.pobox.ne.jp/ [Internet Archive]
  5. http://remoteroom.dyndns.org/ [Internet Archive]
  6. http://remoteroom.jp/ [Internet Archive]
  7. https://remoteroom.jp/ [現在]