【読んだ本】 スイッチ! ― 「変われない」を変える方法

【読んだ本】 スイッチ! ― 「変われない」を変える方法
スイッチ!

スイッチ!

著者: チップ・ハース, ダン・ハース

人間が絡む事象において、事を進めなくちゃいけないと分かっているが、うまく進まなかったり頓挫してしまっているとき。本書にはそのような状況を打開するためのヒントが沢山詰まっている。各章の内容を書き出しておきたくなるほど有用に思え、時間はかかったが2回通読した。

あなたの探しているスイッチが家庭、慈善団体、組織、社会のどこにあっても、次の三つを行なえば変化を引き起こせる。①象使いに方向を教え、②象にやる気を与え、③道筋を定めるのだ。

第一章の最後の部分を上に引用した。本書での「象使い」「象」「道筋」は、それぞれ「理性」「感情」「環境」を意味している。この明瞭な概念だけでも本書のエッセンスとして空で覚えておいて、様々な“変われない”時に、自分自身を含む人間にとって何がその妨げになっているのか、状況を分析できるようになっていきたいと思う。