【感想】 リーダーが育つ変革プロジェクトの教科書

【感想】 リーダーが育つ変革プロジェクトの教科書
リーダーが育つ変革プロジェクトの教科書

リーダーが育つ変革プロジェクトの教科書

著者: 白川 克

出版社: 日経BP

変革が要求されるプロジェクトを成功に近づけるためのリーダーシップとは、どのような行動様式であるか、そして、どのような状況で育つものなのか、ファシリテーションのプロが、プロの気概を込めて解説している。教科書という名前に忠実だと感じさせる論理的な内容でありながら、泥臭さと、生々しい温度も伝わってくる。

おそらくそれが、変革プロジェクトの実際だからであろう。“そもそも論”に立ち返ることを厭わず、視点は複眼的に、メンバーの育成も織り込む。もし自分がプロジェクトを担うようなことがあれば、本書を教科書としてまた開かねばなるまい。

ちなみに、著者は焼き鳥屋が好きなのか? 文章表現に焼き鳥屋が幾度も登場するのは、個人的になんだかおもしろかったところ。

そして本書をじっくり堪能したあと、同じ著者による、2017年07月に読んだ書籍『会社のITはエンジニアに任せるな!』を読み返している。この『会社のITはエンジニアに任せるな!』の内容を、競争優位性を得るために会社のITをプラント化するプロジェクトで、いわば『リーダーが育つ変革プロジェクトの教科書』で言う具体例の一つだと捉えたならば、以前読んだ時よりも一層、内容を理解しやすく思える。

会社のITはエンジニアに任せるな!

会社のITはエンジニアに任せるな!

著者: 白川克

出版社: ダイヤモンド社