【感想】 経営参謀

経営参謀

経営参謀

著者: 稲田 将人

出版社: ダイヤモンド社

『戦略参謀』の続編。アパレル業界におけるコモディティ企業の経営企画部で苦労しつつも大きな成果を上げた主人公が、転職後に今度はファッション企業に入り込み、典型的な経営課題と戦うストーリー。またまた面白くて、一気に読み終えたのであった。

前作の『戦略参謀』を読んでから手に取ったほうが、“コモディティ”と“ファッション”を対比させていることで際立っている、商品の旬の意味や在庫のデメリット加減、経営的な観点の違いをより理解できそうだ。そしてこのような、状況を場合分けしてパターンで捉えよう・意識せよとする手法は、いわゆる一般化であり、他の新しい局面に対しても、道具として応用が効くはずだ。

本書では、アパレル業界に少し詳しければわかりそうな、実名によく似せている企業をポジショニングマップに具体的な落とし込むシーンもあったりと、臨場感が尽きない。さらに、社長の後継者を育てる会社自身の攻めの取り組みが経営課題を高速なPDCAで解決しようとする活動に繋がる、という、特に後半強く放たれているメッセージは、私の知る限りこの逆も然りという意味で、説得力がありすぎる。説得力がありすぎてたまらない……。