【感想】 四畳半神話大系

【感想】 四畳半神話大系
四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

著者: 森見 登美彦

出版社: KADOKAWA / 角川書店

この著者の本は初めて読んだと思う。京都の碁盤の目に、すなわち街の様子に詳しいと、あの辺でのドタバタなのだなと分かりそうな、怠惰に一生懸命な学生生活を描く小説である。

頭の何章かは、こりゃどうしたものか、読み続けようかどうしようか正直悩ましい流れもあったが、仕掛けられた伏線に私が乗れてなかった模様。青春の、かけがえのなさかな。最後は読了のしっかり感が伴うまとめ方で終わった。