【感想】 漂流街

【感想】 漂流街
漂流街 (徳間文庫)

漂流街 (徳間文庫)

著者: 馳星周

出版社: 徳間書店

超が付く赤黒い泥沼世界の、疾走感に痺れる。それがもうほんと、あまりにも泥沼なので、これを通勤電車の行きと帰りの、皆が押し黙った灰色の車内で読み進めたりしていると、並行世界の向こう側の話で良かったわぁ、と幼稚で変な自己安堵をしたぐらいだ。