【感想】 世界で最もクリエイティブな国デンマークに学ぶ 発想力の鍛え方

【感想】 世界で最もクリエイティブな国デンマークに学ぶ 発想力の鍛え方
世界で最もクリエイティブな国デンマークに学ぶ 発想力の鍛え方

世界で最もクリエイティブな国デンマークに学ぶ 発想力の鍛え方

著者: クリスチャン・ステーディル, リーネ・タンゴー

出版社: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)

たぶん勢いで買っていて、デンマークに関して前知識無し、という状態でKindle読了←自分の“ぽちっとな”抑止力の無さが、繰り返されるこの問題の本質。 あまり知らないブランドや人名が多く登場したので、ふんわりとした中身の把握に留まっていて己に不満があるが、少なくとも、発想術やミーティング手法など道具を手にして使いこなせればクリエイティビティを発揮できる!と主張した内容ではない。クリエイティビティが、現実にある様々な枠のぎりぎりの、境界の場で創られていることを確かに認識したうえで、デンマークでの事例を取り上げ、組織やリーダーシップ、教育を、骨太に組み立てていくことがそのような場を“風土”に出来ているのではないか、という主張である。

なるほど……。また、クリエイティビティと教育に関しては、ちょうど自分にも重く降りかかっている課題だと認識。第一子を4月から入園させる予定がある保育園の運営方針がどのようなものか、今まで無頓着であったことを反省、これをきっかけに確認してみる私であった……。