【感想】 人生を面白くする 本物の教養

【感想】 人生を面白くする 本物の教養
人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)

人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)

著者: 出口治明

出版社: 幻冬舎

年末年始の休暇中に読んだゆえか、ちょうどすんなり入ってきた。教養とはなんであるかを問う。「知ることが面白い」の次に、「自分なりに考えることが面白い」となる何らかの世界を、人生の中での時間比率を考えながら、培わなきゃいかんねえ。……って書いてて気付いたが、これは人生スケールでの自分への投資とも強く結びつく行為・心掛けだ。