【感想】 ありふれた愛じゃない

【感想】 ありふれた愛じゃない
ありふれた愛じゃない (文春文庫)

ありふれた愛じゃない (文春文庫)

著者: 村山由佳

出版社: 文藝春秋

このところ心理的な旅行をしたくなっていてチョイスした。僕にとっては感覚的で時間をかけずに行動や判断するような場面、いわゆる恋や愛の、内心を細かく記述してあるところ、深く読み入ってしまうのであった。相手の心を読み切ろうとは思わないのだけれども、心は細かい動きをするものであるという事実は、人間に付いてまわる。再認識した。