コタツをヒーター交換でアップグレード

コタツをヒーター交換でアップグレード
Page content

交換の経緯

数年ぶりにコタツを点けようとしたところ、無印良品こたつ MK-653(NA) のヒーターの強弱調節が効かず、常にMaxパワーで動いているような状態 (消費電力約430W) であることに気付きました。危険を感じるので使用を即中止。前世紀に購入した物なのでとうとうガタが来たのでしょう。

コタツは欲しいので一式の買い換えを検討していたところ、なんとヒーターだけを交換する方法があると知り、次の物を購入しました。ちなみに購入前に、既存のコタツのヒーター取り付け部分の内寸とネジの間隔を測定して、取替ヒーターがその寸法に対応していることの確認が必要です。うちのコタツ (MK-653(NA)) の場合は、それぞれ「33x33cm」と「22cm」でした。

項目内容
品名メトロ電気工業株式会社 こたつ用取替ヒーター MCU-501EC(K)
購入店yodobashi.com
メトロ こたつ用取替えヒーター U字型カーボンヒーター 速暖ボタン 省エネ 5時間切タイマー付 手元温度コントロール式 MCU-501EC(K) ブラック

メトロ こたつ用取替えヒーター U字型カーボンヒーター 速暖ボタン 省エネ 5時間切タイマー付 手元温度コントロール式 MCU-501EC(K) ブラック

ブランド: メトロ電気工業

既存のコタツの外観はシックで気に入っているので、取替ヒーター単体はそれなりのお値段ですが、故障部分だけを取り替えることが出来るならばハッピーです。(^_^)

取付方法

コタツの交換前の古いヒーターです。長年よく頑張ってくれました。

ネジ4本で取り付けられている古いヒーターを取り外した状態。

取替ヒーターの箱の内容物はこんな感じ。取扱説明書、ヒーター本体、電源コードとICリモコン、スペーサーとネジ類です。

ヒーターの取替え方法を確認してみます。内寸「33x33cm」のコタツの場合、黒いスペーサーを取り付けるようになっています。

そこで、新しいヒーターの側面にスペーサーを取り付けました。

ちなみに新しいヒーターの裏面の状態はこうなっています。

付属のネジ4本で新しいヒーターを取り付け完了です。所要時間10分少々、といったところかと。

消費電力はどうか

5段階ある温度調節の各段階での消費電力を、ワットモニターで測定してみたところ次のようになりました。ICリモコンに付いている「ECO」ボタンの働きとしては、いわば乗り物で言う副変速機のような、温度調節が2〜5の範囲ならばワンプッシュでそれを1段階下げる (1〜4にする) ものに思えます。

温度調節消費電力(W) ノーマル消費電力(W) ECO
130.524.1
211132.4
3234112
4271234
5423269
サンワサプライ ワットモニター 消費電力(W)・積算電力量(kWh)・積算時間(Hour)・積算電力料金(円)・CO2排出量(kg)測定可能 TAP-TST8N

サンワサプライ ワットモニター 消費電力(W)・積算電力量(kWh)・積算時間(Hour)・積算電力料金(円)・CO2排出量(kg)測定可能 TAP-TST8N

サンワサプライ(Sanwa Supply)

まとめ

今回の経験から、コタツのヒーター交換には次のメリットがあるとわかりました。規格化されていて、部分交換が容易な構造って素晴らしい。他の家電でも可能ならいいなあと思いました。

  • 既存のお気に入りコタツを引き続き使うことができる
  • 既存のコタツが古い型であればあるほどアップグレードになる (「5時間自動切りタイマー」などの新機能が増やせる)
メトロ こたつ用取替えヒーター U字型カーボンヒーター 速暖ボタン 省エネ 5時間切タイマー付 手元温度コントロール式 MCU-501EC(K) ブラック

メトロ こたつ用取替えヒーター U字型カーボンヒーター 速暖ボタン 省エネ 5時間切タイマー付 手元温度コントロール式 MCU-501EC(K) ブラック

ブランド: メトロ電気工業

余談

もうすぐ1月17日になります。今回ヒーターを交換したコタツは阪神・淡路大震災の前から使っていたので、当日 (1995年1月17日) に撮った、震度7の大揺れでひっちゃかめっちゃかになった部屋の写真に写っていました。