12年ぶりのテレビ刷新で有機ELを選ぶ

12年ぶりのテレビ刷新で有機ELを選ぶ
Page content

買い替えのきっかけ

予備的な部屋に置くサブテレビとして大画面のものが欲しい、という実家からの声を聴いた。そこで私は、サブでいいなら、我が家で今使っている40インチを実家に譲ろうと考えた。同時に、我が家の分を刷新しよう。

我が家の今のリビングテレビは東芝REGZA 40FH7000 (2009年4月購入)。かなりの年代物なので液晶画面の輝度は少々下がってきているが、一応は完全に動作している。これを実家に送付して使ってもらい、もし故障したら、新しいテレビの手配をまた考える。

LG OLED48CXPJA [48インチ]

我が家の次のリビングテレビに求める要件を整理すると、「画面は40〜50インチの4K解像度で有機EL」「安価」「BS 4Kチューナー搭載 (現行機種はほとんど問題なさそう)」「録画機能」「YouTubeなどのネット動画サービスにある程度対応」「機敏な動作」といったところ。家電店の店頭でのリアルな表現力によく見惚れるので“有機EL”にはこだわるが、それ以外はまあ、今どき一般的な要件だろう。

これらの要件で商品検索するための価格.comでのリンクは https://kakaku.com/specsearch/2041/?st=2&_s=2&Sort=price_asc&DispSaleDate=on&Display_Type=2&Monitor=40&Monitor=50&BS4K_Tuner=on&HDD_naka=on&HDD_soto=on&YouTube=on となる。

上記リンク先に並ぶ各機種を参考にしながら、今回私はLGエレクトロニクス OLED48CXPJAを選択し、価格.com非掲載の最安値のサイトに発注した。

分類品名購入価格(円)備考
48型テレビLGエレクトロニクス OLED48CXPJA121,800円 (税込)アークマーケット楽天店
LG 48型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ OLED 48CXPJA Alexa 搭載 2020 年モデル

LG 48型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ OLED 48CXPJA Alexa 搭載 2020 年モデル

LGのストアを表示

Why?

LG OLED48CXPJAを選んだ理由としては、競合機種の中で最安という点と、Wiiのコントローラーのように空間で動かす、LGのマジックリモコンに家電店で触れたことがあって、その操作性に興味惹かれていたという点もひとつ。

機能についての下調べが足りず発注後に気づいたのは、現在の40FH7000で時々使う「画面分割(2画面機能)」と「早見再生」機能は、OLED48CXPJAには非搭載であり、競合のREGZA 48X8400にはあったこと。これは仕方がないと割り切る。また、要件のひとつの「機敏な動作」は、ウェブの複数のレビュー記事を参考にしておそらく大丈夫だろうと判断したが、本来は実機確認したほうが絶対に確実だ。

購入のタイミングについては次のように考えた。今回のOLED48CXPJAは2020年型で、LGの2021年型の有機ELテレビは発表済みであり日本でも発売間近だろうから、2020年型はまもなく型落ちとなる機種である。したがって、2020年型は現時点で在庫限りだったり価格推移的にはほぼ底値で、今が買い時であろうと。

使用感 (未)

OLED48CXPJAの到着予定はまだ不明で、遅い場合は5月連休明けの到着かもしれない。実際に使ってみて、なにかネタになることなどあればブログに書きます。

参考にした記事

4K有機EL「テレビ」であるOLED48CXPJAを、多くの記事が「ゲーミングモニタ」の土俵で評価を行っていることにびっくり。PCやPlayStation 5等を接続するゲーミングモニタとして優れているんだそうな。しかし我が家では、稼働中のゲーム機はNintendo Switchのみで、遊んでいるゲームはどうぶつの森ぐらいなので、ゲーミングモニタとしての利用度は非常に軽い見込みである。